« 下見のポイント | メイン

新築と中古どっちにする?

新築にするか、中古を選ぶかなかなか難しいですが、新築には新築の、中古には中古のメリット・デメリットがあります。
新築のメリットはなんといっても家が新しく耐用年数が長い事です。
中古のメリットは、立地のよい場所を選びやすい事ではないでしょうか。
いずれにしても、どちらにするかは考え方で大きく分かれます。


新築のメリット・デメリットとは?

新築の家を購入するメリットは、何と言っても新しいことです。
自分たちの希望にそった家が手に入れたという実感ではないでしょうか。
家が新しい分だけ長持ちしますし、資金面でもローンの返済期間が長く設定できる点です。
新築マンションなどでは仲介手数料がかからないケースもあります。

≪長所≫
・家が新しいので気持ちがいい
・家の耐用年数が長い
・住宅ローンの返済期間が長く設定できる
・最新の設備(地震対策)など導入する事ができる
・仲介手数料がかからないケースが多く、税金も諸費用も安い

≪短所≫
・購入価格が比較的高い
・家を建てるまでの間、時間がかkり仮住まいの費用が別途かかる
・立地がもともと良い場所であれば良いのですが、比較的郊外になりがち


中古のメリット・デメリットとは?

中古住宅のメリットとして、同じ価格帯なら新築に比べて、より都心に近い場所を選ぶ事が可能です。
すでに完成しているために環境や住まい勝手など実際に下見で確かめる事ができます。
デメリットは、一戸建てにしろマンションにしろ、耐用年数が短い事です。
建物などよく確かめてから購入しないと、価格は安くてもリフォーム費用がかかり新築とあまり変わらないということもおきかねません。

≪長所≫
・新築に比べると価格は割安感がある
・都心に近い場所からも選ぶことができる
・住まい勝手を確認してから購入できる
・買ってすぐに住む事ができる

≪短所≫
・新築に比べ耐用年数が短い
・新築に比べ税金面でのメリットが少ない
・古い物件(建築基準法が施工される前)は、立替が不可能な場合もありますから注意
・リフォーム費用がかかる場合が多くある
・中古だから安いとはかぎらない

新築か中古、どちらにするか悩むところですが、やはり大きな買い物ですからそこはしっかり情報収集することをお勧めします。


弊社へのお問い合わせ、お見積のご依頼はこちらからどうぞ。
  お問い合わせ、お見積

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.osttfc.co.jp/blog/mt-tb.cgi/597

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

くるりんポイ ブログパーツ

About

2010年08月02日 15:40に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「下見のポイント」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34