« 一戸建て?それともマンション? | メイン | 新築と中古どっちにする? »

下見のポイント

◇下見は重要(複数で見ると効果的)◇
下見に持参したいものは、筆記具・巻尺・間取図・周辺の地図です。
お金もお忘れなく。

さて、下見は重要です。
2人いれば見落としも少なくチェックしやすくなりますから、下見は複数をおすすめします。
不動産屋さんに気を使ったりせず、時間をかけてじっくりチェックできるからです。
現地をみて悪そうな部屋ならそこまでですが、好感を持った場合は違います。
ただ漠然と綺麗な部屋・トイレのタイルも私好みなんて言っている場合ではないのです。
現実的な目でしっかりチェックする事をお勧めします。
後で「あれ?あそこはどうなってたっけ?」なんて事にないようにしっかりチェックしましょう。

もしも気に入った場合に申込できるように、多少のお金を用意しておくと便利です。


下見のチェックポイントとは?

≪収納≫
・かならず開けてみる
・広さもチェック
・間取り図と同じかしっかりチェック

≪器具≫
・コンセントの場所や数
・ガス栓の有無
・電話・TVの配線の配置
・暖房器具等の配置
・洗濯機置き場
・乾燥機は設置できるか

≪扉や窓≫
・開けたり閉めてみましょう(不備を見つけた場合にはすかさず確認しておき、申し出たことで直してもらえる場合もあります)


騒音や周囲の環境は?

・部屋の中だけでなく、周囲の環境もチェック
・集合住宅の場合は壁が薄くないか確認
・隣接の部屋との関係はどうか?
・住人の雰囲気は?
・管理費があるか?
・共同部分の掃除は?
・日照はどの程度あるかチェック(窓を開けると目の前にお向かいのマンションの窓があり開けていられない、という可能性もある)


周辺を歩いてみる

・実際に歩いてみる(車ではわからない緩く長い坂道があるかも)
・深夜の一人歩きの危険度は?(駅から家までに必要な店があるか、などなど…)
・平日と土日、朝と夜の表情など(こんなはずじゃなかった、という事態を避ける為に)
・時間帯を変えて歩いてみる


物件を押さえる

不動産屋さんとの間に発生する金銭の受け渡しが出てきます。
金額はまちまちです。
正式に決められているものではありませんから、よく確認しましょう。
多少は交渉も可能な場合が多いです。

・気に入った物件は押さえておきます
・手付金、申込金


気に入った場合の注意点

・キャンセルした場合にそれが返ってくるか?という点を抑えておく
・念の為忘れずに領収書あるいは預り証も切ってもらう
・渋るような不動産屋さんなら、良い物件でも見送る(後々トラブルを避けるため)
・支払ったからと言って、完全予約の状態ではありません(その後の決断はすばやく行なうのがマナーです)


弊社へのお問い合わせ、お見積のご依頼はこちらからどうぞ。
  お問い合わせ、お見積

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.osttfc.co.jp/blog/mt-tb.cgi/596

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

くるりんポイ ブログパーツ

About

2010年07月26日 15:06に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「一戸建て?それともマンション?」です。

次の投稿は「新築と中古どっちにする?」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34