« 定山渓も紅葉しています。 | メイン | ゆとりを持たせた空間づくり »

ベランダ・バルコニーの有効活用

最近は、暮らしの中で自然とふれあう空間作りがおしゃれだと思います。

季節の草花を育てるガーデニングの場として、開放的な屋外リビングルームとして、ベランダ・バルコニーを上手に活用しませんか?

ベランダ・バルコニーを上手に活用しませんか?

● 住まいの中のオープンエア空間

今日は天気がいいからテラスで過ごそう!
そんな暮らしに憧れを感じます。

最近は、ナチュラル感があって室内の延長のように楽しめるウッドデッキテラスが人気です。
縁側でひなたぼっこ…何も考えずぼっーとしたいものですね。

洋風建築で縁側にあたるのがサンルーム。
季節や天候に合わせてオープン・クローズができる機能が便利です。

天候の悪い日でも洗濯物は干せますし、観葉植物のスペースとして有効です。

サンルーム   サンルーム

ところで、ベランダとバルコニーはどう違うのでしょう?

どちらも室外に張り出したスペースのことですが、本来は屋根があるのがベランダで屋根がないのがバルコニーと呼ばれています。

ベランダ=狭い・バルコニー=広い、というイメージがありますが、実際はほとんど区別なく使用されていて、変わりありません。
マンションなどではベランダバルコニーと続けて言う場合も多いと思います。

最近はバルコニーを住空間の一部と考え、多目的に活用できるマンションが増えてきました。
テーブルが置けるスペースがあり、ガーデニング用やペットのバスタイム用に水回りも完備しています。

住宅の中はすごく素敵だけど、お庭やバルコニーがイマイチあなた!
より快適に、よりおしゃれに過ごすために、ベランダとバルコニーの活用は必要ですよ!


弊社へのお問い合わせ、お見積のご依頼はこちらからどうぞ。
  お問い合わせ、お見積

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.osttfc.co.jp/blog/mt-tb.cgi/140

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

くるりんポイ ブログパーツ

About

2007年10月19日 13:23に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「定山渓も紅葉しています。」です。

次の投稿は「ゆとりを持たせた空間づくり」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34