« ベランダウッドデッキの取り付け(施工事例) | メイン | 宮田課長ご苦労さまでした »

将来にそなえたオープンで明るい空間づくり

三原邸のリフォームは、退職を控えた奥様が中心になって行われました。
体調の優れないご主人の将来をより安全で快適に、奥様の家事をより楽しく効率的にというテーマのもとにプランされました。


キッチンを明るくしたい

キッチン

開口部は2面ありましたが、日中は日があたらず薄暗いので解消したいと思っていました。

大きな川に面した1階北側部分を増築しダイニングキッチンとサニタリーを配置しました。
シンク正面の窓からは、川が一望でき開放感にあふれています。
同時に風通しも充分で、爽やかな空気が家中を通り抜けていきます。
また、高い勾配天井とトップライトによりDK全体がいつも明るく、スペース以上に広々と感じられます。
さらに新調したシステムキッチンにあわせ、収納を家具職人にオーダーしたことで、木目調で統一感のある暖かなイメージになりました。


寝室を1階に移して将来にそなえたい
寝室が2階なので、頻繁に階段を上り下りするため、将来に不安がありました。

寝室を2階からダイニングの隣に移動し、寝起きのしやすいベッドに転向しました。
間仕切り壁を折れ戸にし、閉めるとプライバシーを守れ、開放することでダイニングキッチンと1つの空間になるというアイデアを採用しました。
家事をしながらもご主人様とコミュニケーションがとれるので、奥様も安心です。
その他にも、人が近づくと自動点灯する廊下のフットライト、段差のない床面など工夫を凝らした安全対策を随所に施しました。

ダイニング 自動点灯する廊下

寝室 サニタリー


これまでのサニタリーは、採光が取れず圧迫感があり、風通しが悪いのが悩みでした。
サニタリーを一新したい

リフォーム前
リフォーム前

リフォーム後
リフォーム後


「何のために、何をしたい!」と、工務店に明確に伝えることが大切です。

もともと大きな家ですが、ご主人様と奥様の将来というテーマに特化し、敢えて効率的でコンパクトな増改築にまとめたことが成功の要因でしょう。
随所に見られる親身なアイデアにも、一貫した工務店の暖かさを感じます。
「何気ない会話からライフスタイルのキーワードを見つけ、提案のヒントにするんです」という工務店のコメントに集約されるリフォーム事例だと思います。


今回の増改築について、奥さまにお話を伺いました。
自分と主人の将来を考えて、リフォームに踏み切りました。
1日のほとんどを今回の増改築部分で過ごすことができるようになり、嬉しく思っています。
炊事をしながらも主人と会話でき、窓からは川の雄大な風景が飛び込んできてリフレッシュできます。
たくさんの打合せの中で、工務店さんがいろいろアイディアを提供してくれ、本当に感謝しています。


費用については住宅のデザインにより変わりますので、現場調査の上でお見積もりします。どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

弊社へのお問い合わせ、お見積のご依頼はこちらからどうぞ。
  お問い合わせ、お見積

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.osttfc.co.jp/blog/mt-tb.cgi/52

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

くるりんポイ ブログパーツ

About

2007年06月20日 14:28に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ベランダウッドデッキの取り付け(施工事例)」です。

次の投稿は「宮田課長ご苦労さまでした」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34